スポンサーリンク

【ヴェネチア】ゴンドラとヴァポレット(水上乗合バス)はどっちがいい?

3.旅行
スポンサーリンク

今回はヴェネチアに旅行に行った際のゴンドラに乗るかヴァポレット(水上乗合バス)に乗るか迷っている方に向けた記事です。是非旅行プラン作成の際に参考にして下さい。

スポンサーリンク

ヴェネチア移動手段まとめ

・ゴンドラ
・ヴァポレット(水上乗合バス)
・トラゲット(岸と岸の渡し船)
・タクシーみたいな船

以上が主な移動手段かと思います。

結論から言うと下記です。

・ゴンドラ 高いがその分観光地などしっかり案内してくれる
・ヴァポレット(水上乗合バス) ←
無難で便利な移動手段
・トラゲット(岸と岸の渡し船) ←
便利かつコスパよし
・タクシーみたいな船
 ←少し難、またぼったくりもあるらしい

では、各乗り物の詳細を書いていきましょう!

ゴンドラについて

ゴンドラはやはりヴェネチアといえばと言うところで乗ると楽しいですし、あたりの漕ぎ手に当たれば詳しい観光地の説明も聞けます。ただ金額で言うと他の移動手段と比べて非常に高いです。値段に関しては各ツアー会社だと30分で1万円以上もざらです。現地でうまく交渉し載せてもらうと言うことが可能でも公的な料金設定が30分80€とかだった気がします。

とはいえ観光のツールとしては申し分ないです。ゴンドラで行けない場所は本島ないだとほぼないと思われます。有名な観光地の「ため息橋」にも行けます。他の乗り物と比べて装飾も凝っているものがありますので乗る価値はあります。私たちは現地でかなり粘って50€でぐるっと1周案内してもらいました。

ヴァポレット(水上乗合バス)について

ヴァポレットについてです。ヴェネチア本島だけでなく離島へも運行されており、ヴェネチアの島の中でもっとカラフルでおしゃれなブラーノ島やヴェネチアングラスといえばのムラーノ島にも行けますよ!過去記事でブラーノ島への行き方と島内の写真をつけていますのでご参照ください。

さて話を戻してヴァポレットは非常に便利で安いのが特徴。

・1回券(75分間有効):7.5ユーロ
・24時間チケット:20ユーロ
・48時間チケット:30ユーロ
・72時間チケット:40ユーロ
・1週間チケット:60ユーロ
(2019年3月の話です。)

圧倒的に24時間チケットがお勧め!歩く方が好きと言う人は1回券でもいいかも!

ヴェネチア本島にホテルがある場合は問題ないのですが安いので本当の外にホテルをとっているか方はバスや電車できたすぐに乗り場があります。そこからヴェネチア本島の中心地であろうサン・マルコ広場までこのヴァポレット一本ですぐ行けます。島への入島の仕方もこちらの記事にまとめておきます。

船に乗りながら先にサン・マルコ広場まで行き歩いて駅や連絡バス方面に歩いて戻ってくる方法もありだと思います。私はヴェネチア島にバスで入ってきた後、すぐ12番線に乗るために変則的な道順で島の北側にいきF.te Nova”D”に行きそこからムラーノ→ブラーノ本島の順に戻ってきました。

路線ごとに、番号と色付きで、地図、乗り場、舟の乗り口にも明記してありますので、それを確認しつつ乗りましょう。船からの景色は最高です。

計画的に使うとかなり便利だと思うのでお勧めです。

トラゲット(岸と岸の渡し船)について

この看板が目印です。ヴェネチアの岸と岸の対岸に移動したいが橋がない時に利用できます。
橋なんて歩けばあると思っている方、ベネチアの本島をクネクネ曲がりつつ横断している大きな河には橋が三つしかありません。そのため目的地の場所によっては非常に歩く必要があるところなどあります。価格は一回1.5€です。無理せず使ってみましょう。観光地の説明なんかは一切ないけど立派なゴンドラです。

タクシーみたいな船について

これは実際に乗ったわけではありませんが、まれにゴンドラ運転手から声をかけてくることやTAXIと書いてあるところがあります。
声をかけてくる方は確実に危ないです。また、タクシー乗り場にいる人も料金は交渉制ですので比較的高く取られやすいと思われます。

ホテルの方が予約してくれるもの以外は基本的に載らない方がいいかも。。

まとめ

・ゴンドラ ←高いがその分観光地などしっかり案内してくれる
・ヴァポレット(水上乗合バス) ←
無難で便利な移動手段
・トラゲット(岸と岸の渡し船) ←
便利かつコスパよし
・タクシーみたいな船
 ←少し難、またぼったくりもあるらしい

では今回の記事は以上です。他にも多数の海外旅行関連の記事を記載しています。是非参考にしてください。

コメント

  1. […] この場所からですとサン・マルコ広場に一本でいけるヴァパレット乗り場やブラーノ島やムラーノ島行きの経由地に行けるヴァパレットもございます。本島の移動手段記事はこちら、ブラーノ島・ムラーノ島の行き方や島内部の様子に関する記事はこちらにありますのでご参照ください。料金を忘れてしまったのですが5€もかからなかったと思います。電車より安いのは確か! […]

  2. […] ヴェネチアの特徴的に、島なので橋の外に宿泊している方は時間との戦いになってきます。。ちなみに1日間は私の実体験に基づいております。移動は主に「ヴァポレット」(水上の乗合のバスみたいな船)と「徒歩」です。ヴェネチアの移動に関してもまとめた記事を書いたので気になる方はこちら参照ください。(ゴンドラは乗ってませんが、正直ヴァポレットで良いです。) […]

  3. […] 移動は主に「ヴァポレット」(水上の乗合のバスみたいな船)と「徒歩」です。ヴェネチアの移動に関してもまとめた記事を書いたので気になる方はこちら参照ください。(ゴンドラは乗ってませんが、正直ヴァポレットで良いです。) […]

  4. […] 移動は主に「ヴァポレット」(水上の乗合のバスみたいな船)と「徒歩」です。ヴェネチアの移動に関してもまとめた記事を書いたので気になる方はこちら参照ください。(ゴンドラは乗ってませんが、正直ヴァポレットで良いです。) […]

タイトルとURLをコピーしました