スポンサーリンク

【Swift】MapKitで初期表示を緯度経度で指定する方法ご紹介。

Swift
スポンサーリンク

今回の記事はSwift関連の記事で、MapKitで初期表示を緯度経度で指定する方法をご紹介する記事です。MapKitの使い方で困っている方にわかるように丁寧に記載していくので是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

XcodeにMapKitを追加

cocoapodでライブラリのインストールなどは行う必要はありません。まずは、既存のフレームワーク「MapKit.Framework」をXcodeプロジェクトに追加します。(下記図参照)

「+ボタン」を押すとXcode内に元々入っているフレームワークの一覧が表示されます。ここでMapなどで検索すれば「MapKit.Framework」が出てきますのでaddを押します。

これでMapKitがXcodeプロジェクトに追加されましたのでstoryboardでMapKitを使用していきます。

Xcodeの右上の「+ボタン」を押してMapKitViewをstoryboardに追加します。画面いっぱいに広げてみましょう。

MapKitで地図を表示

MapKitに地図を表示させるだけの場合は、特にソースコードでの実装は不要です。

この地図上で何か操作を行う場合のみソースコードでの実装が必要です。

この状態でアプリをbuildすると下記のように地図を表示できます。

MapKitで初期表示を緯度経度で指定する方法

ネット上でたまにある、「MKCoordinateRegionMake」と「MKCoordinateSpanMake」が私のXcodeのバージョンでは使用できなくなっております。そのため「MKCoordinateRegion」と「MKCoordinateSpan」を使用する必要があります。

import UIKit
import MapKit


class MapViewController: UIViewController {
    @IBOutlet weak var map: MKMapView!
    
    override func viewDidLoad() {
        super.viewDidLoad()
        let center = CLLocationCoordinate2DMake(41.9027, 12.4963)
         
        //表示範囲
        let span = MKCoordinateSpan(latitudeDelta: 0.07, longitudeDelta: 0.07)
        //中心座標と表示範囲をマップに登録する。
        let region = MKCoordinateRegion(center: center, span: span)
        map.setRegion(region, animated:true)   
    }
}

上記が実装です。解説していきます。

まずは、MKMapViewをIBOutletで紐付けます。

次に「CLLocationCoordinate2DMake」で緯度経度を設定、「MKCoordinateSpan」で指定範囲を設定します。

そして、「let region = MKCoordinateRegion(center: center, span: span)」の部分で表示領域をセットします。

最後に紐付けたMKMapViewにsetRegionで領域をセットします。

map.setRegion(region, animated:true)   

これで、buildを行うと指定の緯度経度で地図を表示できるようになります。今回のサンプルアプリの緯度経度はローマを表しています。

では、今回の記事は以上です。他にも多数のSwift関連の記事を記載しているので、是非参考にしてみてください。

本記事を読んでいただき感謝です。サイトを訪れていただいた方はプログラミング勉強中かと思いますのでプログラミング勉強のコツを合わせてご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログに関しては500円程度かかりますが、それ以外は無料です。知識の吸収と並行してアウトプットは非常に効率が良いです。テックアカデミーに関しては講座レベルが高いにも関わらず、無料体験や人気口座も大幅値下げがあるので、重点的に学びたいものを無料体験してみてください。

転職時にも、エンジニアからテックアカデミー・Paizaは認知度が高いので、未経験入社採用を行う際履歴書で目に留まります。特にPaizaのスキルレベルA・SなどはIT業界でも評価されます。

テックアカデミー・Paizaの無料登録ができる期間中にぜひご利用してみてください。私も活用経験ありです。

Swift
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ともぶろぐ

コメント

タイトルとURLをコピーしました