スポンサーリンク

【Swift】MapView上に地図を表示させる方法。〜MapAPP作成①〜

Swift
スポンサーリンク

今回の記事は地図をXcodeプロジェクト内に表示させる方法について記載します。

地図を表示させる方法自体はよくありますが1年前とかでは最新のXcodeでは実現できない様で、その辺りの問題も同時に解決するということで今回の備忘録記事にてエミューレーターに地図を表示させるまでの流れを記載いたします。

スポンサーリンク

地図アプリを表示させるためのXcode側の設定

cocoapodでライブラリのインストールなどは行う必要はありません。
そこは安心して下さい。

まずは下記写真の様に既存のフレームワーク「Map Kit Framework」をXcodeプロジェクトに追加します。(下記の様に)

まずは+を押すとXcode内に元々入っているフレームワークの一覧が表示されます。こちらでMapとか検索すれば「Map Kit Framework」が出てきますのでaddを押します。

これでフレームワークとして追加されましたのでstoryboardでフレームワークを使っていきます。

上記の様にstoryboardの+ボタンを押してMapとかで検索します。
これでMap kit viewが出てくるのでこれをstoryboardいっぱいに表示させていきます。

これで完了です。

地図を表示させるためのソースコード紹介と解説

地図を表示させるだけの場合は特にコードは必要ありません。

地図アプリ内で何か操作を行わせる場合にコードでの操作が必要いなってくるみたいです。そのためbuildした結果にみになりますが載せておきます。

本記事を読んでいただき感謝です。サイトを訪れていただいた方はプログラミング勉強中かと思いますのでプログラミング勉強のコツを合わせてご紹介。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブログに関しては500円程度かかりますが、それ以外は無料です。知識の吸収と並行してアウトプットは非常に効率が良いです。テックアカデミーに関しては講座レベルが高いにも関わらず、無料体験や人気口座も大幅値下げがあるので、重点的に学びたいものを無料体験してみてください。

転職時にも、エンジニアからテックアカデミー・Paizaは認知度が高いので、未経験入社採用を行う際履歴書で目に留まります。特にPaizaのスキルレベルA・SなどはIT業界でも評価されます。

テックアカデミー・Paizaの無料登録ができる期間中にぜひご利用してみてください。私も活用経験ありです。

Swift
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ともぶろぐ

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました