スポンサーリンク

ロンドンで前撮り・ウエディングフォト撮影方法 〜 憧れのビックベン 〜

3.Travel
スポンサーリンク

今回の記事はロンドンで前撮り・ウエディングフォトを撮影する方法を紹介する記事です。憧れのビックベンで前撮りやウエディングフォトを撮影できれば良い記念になること間違いなし。ロンドンのおすすめ撮影スポットや撮影時のポイントなど、実体験を交えながらご紹介します。ロンドンでウエディングフォトや前撮りを考えている方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ロンドン前撮り・ウエディングフォト撮影方法

ロンドンで前撮りやウエディング撮影を行う方法として、大きく分けて下記があります。

  • セルフ撮影
  • 日本の業者に依頼
  • 海外の業者に依頼

セルフ撮影が最もおすすめ。ウエディングフォトを撮影するには業者の力が必要と考えている方も多いですが、そんなことはないです。プロカメラマンの撮影と素人の撮影した写真は確かに違います。ただ、コンテストに出すわけでもないのでセルフ撮影の方が思い出にもなって良いと思います。

お金は問題ないと考えている方の場合は、日本の業者がオススメです。

「LAVIE FACTORY」公式サイト こちらのサイトでは 673,000〜 円でロンドンのさまざまな場所で400カットのデータを撮影してくれるそうです。

海外の業者を利用する場合は、ある程度英語が話せる方が望ましいと思います。そういった店舗自体は多数あると思うので調べてみてください。

ロンドンおすすめ撮影スポット

ロンドンでウエディングフォトを撮影するとなれば、ロンドンぽい建物と一緒に撮影したいですよね。前撮り・ウエディングフォトを撮影するおすすめスポットのTOP3は下記です。

  1. ビックベン
  2. タワーブリッジ
  3. セントポール大聖堂

各地点でどのような写真が撮れるかを紹介していきます。

ビックベン

ロンドンといえば、ビックベンですよね。ビックベンでは実際私たちも撮影を行いました。かなりいい感じに撮影できるのでオススメです。

私たちもこのビックベン周辺で撮影を行いました。撮影ポイントをご紹介します。

ビックベン周辺撮影ポイント1

Screenshot

ポイント1は赤い電話ボックスとビックベンの両方が入るポイントです。

私たちもここを撮影しましたが、下記のようにいい感じの写真が撮れます。

Screenshot

ビックベン周辺撮影ポイント2

Screenshot

ポイント2はテムズ川を渡って対岸からビックベンとウェストミニスター寺院を含めた写真が撮れるスポットです。(夜の写真しかなくすいません。。)

こちらでも撮影しました。

Screenshot

タワーブリッジ

タワーブリッジもロンドンを代表する建築物ですね。

こちらでは撮影していませんが川越の遠目の方が2人の姿と共にタワーブリッジの特徴的な形をよく写せると思います。下記あたりが歩けるようになっており、撮影に適していると思います。

セントポール大聖堂

セントポール大聖堂はロンドンを代表する大聖堂。見た目もヨーロッパ感があって最高です。

Screenshot

上記のセントポール周辺はどこでもいい感じに撮影できると思います。

これ以外にも、ロンドンぽさのある街並みの中で、サクッとセルフ撮影できるのもセルフ撮影の良いところです。

ロンドン前撮り・ウエディングフォトに関するポイント

ロンドンでの前撮り・ウエディングフォトを撮影するにあたって知っておきたい

セルフ撮影ポイント

セルフ撮影に必須アイテムをご紹介します。

  • カメラ(スマホでも可)
  • 三脚
  • ドレス
  • スーツ

カメラ+三脚

最低限上記があれば撮影できます。カメラを普段から使用しているのであればカメラを、そうでないならばスマホで良いと思います。三脚にセットして撮影を行います。

ドレス+スーツ

ドレスは高いやつではなく楽天などで売っている安い1万円以下のドレスで問題ないと思います。

楽天サイトで「白 ドレス」などで検索すれば大量に出てきます。皺になりにくい生地がほとんどなので、キャリーなどに入れて持っていけばいいと思います。

スーツに関しては着ていくか、もしくは折り畳んで持っていけば問題ございません。

撮影のコツ

撮影のコツ1

撮影のコツとしては、やはり人が映らないようにすることです。人がうつると前撮りやウエディングフォトぽさが失われます。

しかし、ロンドンは観光都市で人も多いためどうすればいいか。答えは、朝早くに撮影することです。

日本からロンドンに向かえば時差ぼけなどで、滞在の最初のうちは早起きになっていると思います。それを利用して朝から撮影してしまいましょう。

ちなみにビックベン周辺は7時では通勤の人などが増えてきた印象です。6時から撮影すれば人がほぼいない状態でのんびり撮影することができました。

撮影のコツ2

撮影時にどんなポーズを取ろうかということを考えていると、時間がもったいないです。そのため、どのようなポーズをとるかなどは事前に考えておきましょう。

撮影時の注意ポイント

撮影時の注意ポイントとしては、人がいない時間帯であればそこまで注意する必要はありませんが、人が多い状況でカメラと三脚から離れて撮影をするときはカメラが盗まれないかに注意しましょう。

以上で今回の記事は終了です。ロンドンで前撮り・ウエディングフォトを実施する方法についてまとめました。他にも旅行系の記事やカメラ系の記事をたくさん記載しているのでサイト内興味があれば見ていってください。

【イギリス旅行記】〜 ビックベンでウエディングフォト撮影 The Ritzでアフタヌーンティ 〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました