【カップ麺×アレンジ】銘店紀行 中華蕎麦とみ田にマヨネーズをアレンジしたら不味だった

アレンジ

「銘店紀行シリーズ」が、お店ならではの具材を”特盛”にして生まれ変わりました!人気名店の「中華蕎麦とみ田」の味わいを再現し、独自のノンフライ製法で仕上げた店主こだわりの極太麺が、動物系・魚介系の素材で旨みをアップさせた濃厚で深みのあるスープによく絡み、特盛チャーシューにメンマ、ねぎの王道の具材を乗せた、食べ応えのある一杯です。

セブンイレブン公式

「中華蕎麦とみ田」は現在11店舗にて展開していて、食べログの口コミは800件以上を誇り、星の数は”★★★★☆ 4.13″と高い評価を受けている有名ラーメン店です。(2020年5月現在)

食べログアワードとして、2019年には”The Tabelog Award 2020 Bronze 受賞店”、2020年には”The Tabelog Award 2020 Bronze 受賞店”を受賞しいており、人気の高さが伺えますね。

【中華蕎麦 とみ田】公式サイト|千葉県松戸市のつけ麺・ラーメン
千葉県松戸市のつけ麺、中華蕎麦、ラーメン店【中華蕎麦 とみ田】のお取り寄せができる公式通販サイトです。「とみ田」のつけ麺お土産セット、「大勝軒ROZEO(ロゼオ)」「雷本店」「富田食堂」のラーメン・つけ麺の販売も行っています。
スポンサーリンク

アレンジする食材”マヨネーズ”

今回のアレンジは、浅はかな考えにより生み出されたものであった為、結果としては散々でした。結果に至る経緯をどうぞご覧ください。

アレンジ評価
  • 激うま  ★★★★★
  • うまい  ★★★★☆
  • 普通   ★★★☆☆
  • まずい  ★★☆☆☆  ← 今回はここ
  • 激マズ  ★☆☆☆☆

 

この「中華蕎麦とみ田」のカップ麺をイメージして、真っ先に浮かび上がったのが”チャーシュー丼”

どんな飲食店でもチャーシュー丼だけはハズレを引いたことがなかったので、まさに画像のイメージをラーメンで再現しようと試みました。

 

では早速調理をしていきます。

スポンサーリンク

調理

アレンジは、いたって簡単。

”出来上がったカップ麺にマヨネーズを入れて混ぜるだけ”

ただそれだけで完成します。

がしかし、ここで痛恨のミスを犯してしまいました。

カップMEN
カップMEN

入れすぎた。。

間違いなく、入れすぎました。

イメージはあのチャーシュー丼なので、勢いあまったんでしょうね。

でも、この時点ではまだ食べてないので何も思っていません。

間違いなく美味しいはずだと思い込んでいます。

スポンサーリンク

実食

まずは、麺を一口。

カップMEN
カップMEN

ん? っっつ、ん?

豚骨にマヨネーズがあってないのか、魚介風味にマヨネーズがあってないのか。

とにかく美味しくはないのは確か。

マヨネーズの主張がすごい。これは自分のミス。

若干のまろやかさを出すためのマヨネーズ程度であればよかったのかもしれません。

一言でいうと、”くどい”

「濃い味」×「濃い味」なので仕方ないっちゃあ仕方ないのですが、魚介の風味がなくなって、油が多くなった感じ。

見てわかるように、マヨネーズがスープに溶け切らず、固形で残っています。これによってくどさに拍車がかかったんでしょうね。

今回は失敗に終わりましたが、機会があればまたチャレンジします!

 

スープは残しましたが、ちゃんと中身は食べきりました。

さいごに

カップMENが身をもって犠牲になることで、また一つ世界の平和が守られました。

カップMEN
カップMEN

良い子のみんなは絶対にマネしないように!