メディアで話題の”飲むおにぎり”を飲んでみた【レビュー紹介】

未分類

みなさん。飲んでますかー??笑

私は飲んでいます! モアイです。

 

今、色んなメディアで紹介されているんですが、“飲むおにぎり”っていう商品を知ってますか?

もう、インパクトが強すぎて掴みはバツグン!笑

ということで、気になる話題の商品”飲むおにぎり”を食べてみましたのでレビューをどうぞ。

スポンサーリンク

“飲むおにぎり”って実際どんな感じ??

もうネーミングから衝撃すぎてイメージが沸かない

あーだこーだ言う前に現物をどうぞご覧下さい。

こんな感じ。

要するに、ドリンクではなく、ゼリー。

初めは缶やペットボトル系を想像したと思いますが、正しくはウィダーインゼリー系

 

お値段:130円でした。

近くのスーパーで売っていました。

なんか近くで売っていないというSNSを見たので、ラッキーだったのかな!

これが高いのか安いのかは後ほど。

 

スポンサーリンク

“飲むおにぎり”の食レポ

ここからは食感と味について説明します。

まず、食感から。

“おにぎり”というほどなので、お米の存在感はあります。

お米は柔らかいかと思ったら、結構硬め。

商品名は別として、ゴクゴク飲むという感覚ではないのは確か。

ある程度の咀嚼は必要

では次にを。

味は結構濃い目。

酸味がかかった“すっぱい系”である

梅の味はちゃんとする

食べてる最中も言葉の先入観がありすぎてなんとも笑

“おにぎり”の加工品?なので、そのまんま”おにぎり”が食べたい人はそのままのおにぎりを食べた方が間違いなく満足します。

あくまで、保存食や臨時食として割り切れればいいと思います。

 

お値段130円については・・・

 

スポンサーリンク

何のためにこの形状にしたの??

固形物ではなく、ゼリー状になっているのはなぜ?

  • 噛むのが苦手な方でもおにぎりが食べれられる
  • 医療でも使えるそう
  • 非常食として保存がきくから

などと、色んな需要があるそうです。

ただの珍商品かと思いきや、ちゃんと考えられた商品なんですねー。

 

コレを狙って開発されたかどうかは定かではありません笑

 

スポンサーリンク

“飲むおにぎり”の他のフレーバー(種類)は?

フレーバーは「梅こんぶ」「梅かつお」の2種類

 

大体の方は飲み比べ?食べ比べ?をするので2種類買っていくことが多いと思います。

私的には、鮭、明太子あたりの味が出たら嬉しいんだけどなぁ!

スポンサーリンク

製造会社は他に何を作っている?

製造会社は群馬県甘楽郡甘楽町に拠点を置く「株式会社ヨコオデイリーフーズ」という会社

http://www.yokoo-net.co.jp/news

公式サイト:株式会社ヨコオデイリフーズ

こんにゃくの加工品を製造、販売する会社。

なんとなく、”飲むおにぎり”との繋がりがわかるような気がします。

こんにゃくなので、「低カロリー」を売りに様々な商品を取り扱ってるみたいです。

女性向けの嬉しい商品がいっぱいある会社かもしれませんよー!

 


ほかにもたくさんありました!! 驚きの”飲む○○”!!


インパクトが強すぎる”飲むおにぎり”はいかがでしたでしょうか。

是非、その口、その舌で味わってみて下さい!

まか不思議な感覚へご招待します笑